ラクビサプリは効果ない?

ラクビサプリで効果ないと言う人たちの共通点

 

 

ラクビサプリはすでに200万袋も販売されているので、口コミの情報もそれなりに多く、効果ないという意見もあれば、効果あるという意見もあります。

 

当たり前のことですが、すべての人に効果があるダイエットサプリというものは存在しません。それは、人それぞれ体質も違えば生活習慣も違うからです。

 

なので、ラクビサプリがあなたに効果があるのかないのかというと、これは試してみるしかない、という結論になってしまいますね。

 

ラクビサプリは効果ないとか、効果あるといった明確な結論でなくて申し訳ないですが、事実なのでしかたがありません。w

 

もしあなたが試してみる場合、効果の有無を正確に判断するには、やはり適切な飲み方で試してみる必要がありますよ。

 

ラクビサプリは痩せ薬のような医薬品ではないので、数日や数週間といった短期間でダイエットできるものではありません。

 

口コミで効果ないという評価をしていた人の多くは、どうやら飲み始めて1ヵ月くらいで痩せると思っていたようです。

 

それで、ひと月飲んでも思っていたように痩せないので、飲むのをやめてしまったということですね。

 

ラクビサプリの公式サイトには定期コースが用意されているのですが、その割引価格の条件に3ヵ月以上継続するというものがあります。

 

それは最低でも3ヵ月以上は飲み続けてみないと、本当に効果があるのかないのか判断できないからという理由もあるわけです。

 

⇒LAKUBI(ラクビ)初回300円モニターの募集はこちら

 

ラクビサプリの効果的な飲み方とは?

 

これまで何回もダイエットにチャレンジして結果が出ず、「もともと太りやすい体質なのかも」と思っている人には、ぜひラクビサプリを飲んでみてほしいです。

 

ただ飲むだけというより、より結果が出やすい飲み方もあるので、あなただけにその方法と理由をご紹介しますね。

 

ラクビというダイエットサプリは、スリムな体型の人とぽっちゃりした体型の人の腸内にいる菌のバランスを比べたその研究から生まれたものです。

 

そのため、太りにくい体質になるための成分が豊富に含まれているのですが、このメリットを活かすのに大切なポイントがいくつかありますよ。

 

ポイント@3ヵ月以上飲み続けること

 

まず最初に、少なくとも3ヵ月から6ケ月は飲み続けてみるということが重要なんですね。

 

ラクビサプリで酪酸菌やビフィズス菌など摂取したり、食物繊維の多い食材を食べると、すぐに腸内の痩せ菌が増えるのですが、ただそれが常態化するにはある程度の時間が必要です。

 

ですから、1ヵ月くらい飲んでやめてしまうと、せっかく増えた痩せ菌がまたもとに戻ってしまいます。

 

口コミを見ても、評価の高い意見の人は3ヵ月以上続けた人が多く、すぐにやめてしまった人たちの評価は低いですね。

 

ポイントA毎日きちんと1粒飲むこと

 

次に大切なポイントは、1日1粒、飲み忘れることなくきちんと毎日飲むことです。

 

飲んだり飲まなかったりしてしまうと、それこそ効果半減なので、なかなか痩せ菌がお腹に定着しませんよ。

 

ポイントB飲むタイミングは食後がベスト

 

ラクビに含まれている酪酸菌は胃酸に強いのですが、ビフィズス菌は胃酸に弱いので、できるだけ食後に飲んだほうがよいですね。

 

飲むのを習慣にするためにも食後がいいですし、公式サイトで購入するともらえる「齊藤早苗先生の12週間プログラム」では夕食後に飲むとよいとされていますよ。

 

 

ポイントCぬるま湯か常温の水と一緒に飲む

 

ラクビサプリに含まれている痩せ菌サポート成分は人の体温くらいで最も活性化するので、ぬるま湯か常温の水と一緒に飲むのがベスト。

 

きんきんに冷えた水や熱すぎるお茶と一緒に飲んだりするのは、おすすめできません。

 

⇒LAKUBI(ラクビ)初回300円モニターの詳細はこちら

 

ラクビサプリでどんな効果が期待できるのか?

 

 

ラクビサプリを飲んで効果がある場合、あなたのカラダにどんな変化が表れるのでしょうか?

 

口コミ情報をリサーチしてみると、〇キロ痩せたという意見からお通じがよくなったといったものが多くありました。主な意見をこちらにまとめたのでご覧ください。

 

【ダイエット効果】
3ヶ月で体重が2キロ減った
4ヶ月で4キロのダイエットできた
ぽっこりお腹が解消された
高齢でも2ヶ月で2キロのダイエットに成功

 

【お通じ改善効果】
便秘が改善された
軟便がスムーズに出るようになった
2〜3日に一度だったお通じが毎日出るようになった
便臭やおならのニオイが臭くなくなった

 

【健康効果】
乳酸菌不足が補われて体が健康になった
体調が良くなり体が軽くなった
風邪をひきにくくなった

 

【美肌効果】
吹き出物が減って吹き出物が出来にくくなった
肌艶が良くなった
顔色が良くなった

 

 

まとめると、3ヵ月前後で痩せることができた人や、腸内環境がよくなって便秘が解消されたり、そのおかげで肌艶がよくなる人が多いということですね。

 

ダイエットできて、しかも肌まできれいになれるなら、本当にうれしいですが、やはりある程度の期間、たとえば2ヶ月とか3ヵ月は継続して飲んでいる人が大多数です。

 

ラクビサプリの場合、毎日1粒飲むだけなので楽ですし、食後に飲むなど時間を決めておけば飲み忘れもないでしょう。

 

急激に体重を落とすとリバウンドする確率が高まる?!

 

 

ラクビサプリで?せた人たちの多くは、数ヶ月で数キロというかんじなんですが、もしかしたら「たったそれだけ?」と思ったかもしれませんね。

 

でもですね、このくらいで?せていくほうが、?せたあとにリバウンドする確率がぐんと下がるんですよ。

 

数あるダイエット方法の中で、一番リバウンドしやすい方法は何だと思いますか? 

 

それは食事制限するやり方で、それも食べる量を極端に減らしてしまうやり方で最もリバウンドしやすいです。
せっかく?せることができても、元に戻ってしまったら意味がないですし、最悪の場合はダイエット前より太ってしまうこともあります。

 

このリバウンドする確率を限りなく抑えるにはどうすればよいかというと、急激に体重を落とさないことです。

 

急激といってもどのくらいが目安なのか分からないと思うので、具体的に説明しますね。

 

1ヵ月で落としてもよい体重の数値は、今のあなたの体重の5パーセント以下になります。

 

例えば、体重が60キロ台ならマイナス3キロ、体重が50キロ台ならマイナス2.5キロまでならOKということですね。

 

この数値は上限なので、毎月1キロから2キロくらいまでの体重減なら、あとでリバウンドする確率がぐんと減りますよ。

 

酪酸菌をとると腸内環境がよくなる理由

 

どうして酪酸菌を多くとるようにすると腸内環境がよくなるのかというと、酪酸菌には短鎖脂肪酸をつくりだす働きがあるからです。

 

この短鎖脂肪酸というのは、細胞が栄養を過度にためこむのを抑え、消化・分解をサポートしてくれるものです。

 

酪酸菌はお味噌や納豆にも含まれているのですが、ラクビサプリ1粒に1700万個も入っているので、それだけでも無理なく体に取り入れることができます。

 

また、酪酸菌は、胃の中に入ると芽胞(がほう)という外殻を作るので胃酸にも強く、1700万個の酪酸菌がそのまま腸まで届くんですね。

 

酪酸菌が大腸に運ばれたあと、そこでオリゴ糖や食物繊維を発酵させるさいに生成されるのが短鎖脂肪酸です。

 

腸で短鎖脂肪酸が生成されると腸内が弱酸性にり、脂肪の蓄積が抑制され、悪玉菌が出す酵素の働きを抑えられるので、余分な脂肪が燃えやすくなるんですね。

 

下痢する人がいるって聞いたけど、副作用は大丈夫?

 

口コミサイトで公開されている情報を見てみると、確かにラクビサプリを飲んだら下痢したという声があるのは事実ですね。

 

ただ、全体からみるとかなり少数派で、50人の体験者のうち1人くらいそういった症状が起きたケースがあるということです。

 

もともと医薬品ではないですし、成分自体も酪酸菌やビフィズス菌、オリゴ糖、植物性キトサンなど、人の体の健康をサポートしてくれるものばかりです。

 

なので、もともと乳製品を飲食するとお腹がゆるくなる体質の人や、容量を守らずに過剰に摂取した場合などを除き、ラクビサプリが原因で下痢をするというのはかなりまれだと言えます。

 

ラクビは1日1粒飲むだけですし、それを3ヵ月以上継続して初めて効果を発揮するダイエットサプリなので、飲んですぐ何かカラダに変化をきらす即効性のあるものではありません。

 

どんなにカラダによいものであっても、過剰に摂取したら健康被害が出るので、1日1粒という適量を守って服用していけば、大概の人は問題なく飲み続けることができます。

 

 

ラクビサプリと相性が良い食生活

 

 

ラクビサプリを飲むだけでも効果は期待できるのですが、この機会に今までの食生活を見直してみてはどうでしょうか。

 

ラクビサプリと相性の良い食事をすることで、健康やダイエットの効果がさらに期待できるようになりますよ。

 

具体的にどんな食材をとるようにすればよいのかというと、食物繊維が多い食べ物ですね。

 

食物繊維には水溶性のものと不溶性のものがあって、どちらも腸内環境をよくするには必要なものです。

 

水溶性の食物繊維は水分をとりこんで便がやわらかくなりますし、不溶性の食物繊維は大腸を刺激して運きを活発化してくれますよ。

 

具体的にどんな食材に食物繊維が多いかというと、ごぼうや納豆、インゲン豆などで、他にもこういった食材があります。

 

穀類:玄米 胚芽 米 麦めし とうもろこし
豆類:煮豆(大豆、うずら豆、あずき) おから
野菜:ふき セロリ アスパラガス 青菜類 キャベツ 白菜
きのこ類:しいたけ しめじ えのき
海藻類:わかめ 寒天 ところ天
芋類:さつまいも 里いも こんにゃく
果物:柑橘類(みかん、グレープフルーツなど) バナナ うり類

 

こうしてみてみると、日本人が昔からよく食べてきたものが多いことが分かりますよね。

 

ということは、できるだけ和食を中心に食生活を変えていくようにしていけば、健康的に?せてスリムボディになれるということですね。

 

 

⇒LAKUBI(ラクビ)初回300円モニターの募集はこちら